包茎手術は縫合糸によっても料金が変わる!包茎手術を徹底調査

包茎手術は手術の内容によっても料金が異なる場合があります。
仮性包茎の人が包茎手術を受ける場合には、原則的に保険の適用がないため自由診療となりますが、そのために、手術を受けるクリニックごとに異なる料金が設定されています。
できるだけ費用をかけずに包茎手術を受けたい場合には、それぞれのクリニックの料金や手術の内容を比較してから決めたほうが良いのですが、手術に必要な料金は条件によってもそれぞれ異なります。
手術に縫合が必要な場合には、使用される縫合糸の代金も料金に含まれることがあり、その分手術にかかる料金も変わってきます。

包茎手術で使用されている縫合糸

包茎手術を受ける場合には、手術の内容によっても料金が異なります。
一般的な包茎手術の料金の中に含まれているのが縫合のための費用です。
縫合糸を使用するような規模の大きい手術の場合には、その分も料金に加算されます。
包茎手術で縫合糸が使用されるのは、不要な部分の包皮を切除するタイプの包茎手術の場合です。
真性包茎の場合には、亀頭を覆っている包皮の量が少ないために痛みが発生しますが、不要な箇所を切除することによって、痛みの原因となっている圧迫を取り除くことができます。
包茎手術では、亀頭の周囲の箇所から鋏を入れて切断していくのですが、包皮は陰茎の根元の方に向かって切断されるので、一時的に他の部分から切り離された状態になります。
複数の場所に鋏を入れるので、包皮は表側の部分と裏側の部分に分けて切り取られますが、この状態になったものを横に伸ばして不要な部分だけを切除します。
切除はこれで終了しますが、包茎手術はこれで終了したわけではなく、最後に切り裂かれたままの状態の包皮をもとに戻してあげる必要があるのですが、この時に手術に使用されているのが縫合糸で、手術の最終的な完成度を大きく左右します。

体内で自然に溶けていくタイプの縫合糸

包茎手術で不要な部分を取り除いた後に行われる切り裂いた包皮の縫合手術は、どのような縫合糸を使うかによっても、手術の後に必要な処置が異なります。
包茎手術で一般的に使用されているタイプの縫合糸が体内で自然に溶けていくタイプのものです。
このタイプの縫合糸を使用する利点は、包皮を縫い合わせた後に、改めて縫合糸を取り除くための手術をしなくて良いことです。
通常はこの糸の料金も手術代の一部に含まれているので特別な料金を支払う必要はないのですが、もし自然に溶けだすタイプの縫合糸を使用する場合には別な料金が必要な場合には、手術の料金も異なってきます。
体の中で自然に溶けないタイプの糸を手術で使用する場合には、手術の後で改めて抜糸が必要になるために、その分の手術代も必要になります。
手術の内容によっては、溶けるタイプの糸が使えないことがあるかもしれないので、手術をする前にどのようなタイプの縫合糸を使うか、確認したほうが良いでしょう。
包皮を切除しないタイプの包茎手術でも縫合が行われることがありますが、この場合にも体内で自然に溶けるタイプの糸が使用されることが多いので、1回分の手術料金で済ませることができます。

手術の跡を目立ちにくくできる縫合糸

包茎手術をする場合には、使用する縫合糸によって、手術をしたことをわかりにくくすることもできます。
手術をしたことを他人にわからないようにするためには、縫合の跡をできるだけ目立たないようにする必要があります。
跡がはっきり残っていると手術をしていることがわかってしまうので、目立たないように縫合してくれる医師に手術をしてもらえば、納得のいく手術が受けられます。
包皮を切断した後に行われる縫合は、それほど多くの回数を縫い合わせる必要はなく、平均的に一周分10針以下の回数で縫合を終えることができます。
そのために縫合したことはわからないようになっているですが、さらにわかりにくくすることができるのが非常に細いタイプの縫合糸です。
縫合をする糸が細いほど、縫合の跡が目立ちにくくなるので、手術をしたことを人に知られたくない人にもよく利用されているタイプの糸です。
クリニックによっては通常の料金で極細タイプの縫合糸を使用できる場合もあり、お金をかけないで目立ちにくい手術をしたい人にも利用しやすくなっています。
極細タイプの縫合糸を使用する場合に、特別な料金が必要なクリニックを利用する場合には、その分料金も通常とは異なってきます。

まとめ

不要な包皮を切除するタイプの包茎手術を行う場合に、必ずしなければいけないのが包皮の縫合です。
切り裂いた状態の包皮をもとのように陰茎を包んだ状態に戻すことで、手術をしたことが他人にわかりにくくなります。
縫合に使われる糸は体の中で自然に溶けるものが使用されるのが一般的で、手術の後に抜糸をする必要がないために、1回分の料金で手術を受けることができます。
体で溶けないタイプの糸を使う場合には、抜糸の手術が必要になり、その分の料金も手術代に加算されます。
手術の跡がわかりにくい極細の糸を使用できるクリニックもあり、通常の料金で利用できるクリニックもあります。

PRホームページ
痛みのない適正費用の包茎治療は新宿・横浜のメンズサポートクリニック
新宿:東京都新宿区西新宿1-19-5 新宿幸容ビル3階
横浜:神奈川県横浜市西区南幸2-11-1 横浜MSビル6階
予約番号:0120-76-6800